いつも長崎ヴェルカへの熱いご声援、ありがとうございます。

株式会社長崎ヴェルカは、2022年3月1日(火)付で代表取締役社長 岩下英樹がV・ファーレン長崎 代表取締役社長を兼任となり、また現 ゼネラルマネージャー兼ヘッドコーチ 伊藤拓摩が代表取締役に就任することになりましたので、お知らせいたします。

なお、同日付で株式会社ジャパネットホールディングス 代表取締役社長 兼 CEOであり、現 取締役の髙田旭人が、代表取締役会長に就任いたします。

■2022年3月1日(火)付の役員体制一覧

氏名
髙田 旭人 代表取締役会長 取締役
岩下 英樹 代表取締役社長 代表取締役社長
伊藤 拓摩 代表取締役兼ゼネラルマネージャー兼ヘッドコーチ ゼネラルマネージャー兼ヘッドコーチ

 

■代表取締役会長 髙田旭人

【コメント】

この度長崎ヴェルカの代表取締役会長に就任いたしました。

長崎ヴェルカはビジョンに共感してくれた選手・スタッフとともに今シーズンよりB3リーグに参入しました。私自身もバスケットボールが持つ魅力を大いに感じており、V・ファーレン長崎と同様、これまで以上に覚悟を持って長崎へワクワクを届けられるように取り組んでまいります。

また、昨年よりB.LEAGUE理事にも就任しており、バスケットボール界の将来のビジョンを創り上げる立場として、長崎が日本のバスケットボールをけん引できる存在になれるよう尽力していきたいと考えています。

2024年には長崎スタジアムシティ内に約5,800人収容のアリーナが完成します。

その時は満員のアリーナ・B1でプレーする長崎ヴェルカの試合を皆様と楽しめるよう、選手・スタッフ・経営陣一同全力で取り組んでまいります! 

 

■代表取締役社長 岩下英樹

【コメント】

日頃から長崎ヴェルカへ熱いご声援を賜りありがとうございます。

この度 ジャパネットグループ スポーツカンパニーの代表を務めることとなり、V・ファーレン長崎 代表取締役社長を兼務することになりました。

これまでは長崎スタジアムシティプロジェクトを中心とした地域創生事業に携わっておりましたが、今後はスポーツの持つ力で長崎の発展に尽力する所存でございます。

長崎ヴェルカも新体制となり、チーム発足当初から掲げております「最速でのB1昇格」に向けて、クラブとしてより一層強化を図ってまいります。謙虚に誠実に最高のパフォーマンスを皆様にお届けできますよう選手・スタッフ一同となって励みます。

私自身長崎で育ち、地元長崎を誇りに思っております。末永く両クラブが長崎の地で愛されますよう、覚悟をもって挑み続けます。今後ともご支援賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

 

 

■代表取締役兼ゼネラルマネージャー兼ヘッドコーチ 伊藤拓摩

【コメント】

日頃より長崎ヴェルカへの熱いご声援・ご支援を賜り、心より感謝申し上げます。

この度、長崎ヴェルカ代表取締役を務めることになりました。現在、ゼネラルマネージャー兼ヘッドコーチという立場でチーム強化の責任を担う中で、今後は事業、経営の立場においても長崎ヴェルカが目指すミッション達成に貢献できるよう尽力いたします。

長崎ヴェルカのプレースタイルは常にHard(一生懸命というニュアンスもあり)、Aggressive(アグレッシブ)、Speedyにプレーし、前例にとらわれずにInnovative(革新的)な姿勢でTogether(一丸)となってプレーするスタイルです。それがコート上で体現でき、現在B3リーグ1位の結果が残せているのはチームスタッフ、チア、事業部がOne Velcaとなり、更にパートナー、ブースターの皆様からの熱いご支援があってこそだと感じております。

今後もさらにクラブとして成長し、バスケットボールを通じて長崎を、そして日本中をワクワクさせられるよう、チーム一丸となって挑戦していきます。

今後ともご支援賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。