長崎ヴェルカは、本日3月8日(火)に開催されましたB.LEAGUE理事会にて、長崎ヴェルカの2022-23シーズンのB2クラブライセンス交付が決定いたしましたのでご報告いたします。

■代表取締役社長 岩下英樹 コメント

本日開催されましたB.LEAGUE理事会において、長崎ヴェルカへ2022-23シーズンのB2クラブライセンス交付が決定されました。参入初年度となる今シーズンは、新型コロナウイルス感染症の影響により、試合の開催中止が発生するなど厳しい日々が続いておりますが、ブースターの皆様、パートナー企業の皆様、その他関係者各位、長崎ヴェルカを支えてくださる皆様のお力添えにより、リーグ戦でも勝利を重ねております。

弊社は3月より新体制となり、クラブとしてより一層強化を図ってまいります。今シーズンのスローガンである、「0TO1(ゼロ・トゥ・ワン)」の通り、ゼロからイチを生み出していけるよう選手・スタッフ一丸となって闘います。

末筆ながら、ブースターの皆様、パートナー企業の皆様、その他関係者各位のご期待に添えられるよう、そして昇格を掴めるよう精進いたします。

■B.LEAGUEクラブライセンスとは

B.LEAGUEのリーグ戦に出場するための資格。有効期間は対象シーズンの1年間。継続的にリーグ戦に参戦するには、毎年希望するシーズンの前年11月末までに申請しライセンスの交付を受けることが条件となります。

 

■クラブライセンス制度の目的

バスケットボール界全体の安定的・持続的な成長と発展に寄与することを前提とし、育成面・施設面・選手環境面などを、プロリーグとしてふさわしい水準に保ち、さらに発展させることによって、クラブの価値が向上することを目的としております。
Bリーグクラブライセンスについての詳細はB.LEAGUE公式サイト内「Bリーグクラブライセンス交付規則」をご覧ください。

Bリーグクラブライセンス交付規則はこちら

 

■B2昇格概要についてはこちら

2021-22シーズンは、15クラブ総当たりでのリーグ戦を行い、シーズンの順位を決定し、2021-22シーズン終了後にB2クラブとの入替の対象(自動昇格)となるのは2クラブ。B2クラブライセンスを取得したクラブの中から、2020-21シーズンおよび2021-22シーズンの成績における最上位クラブ(4位以内)から決定いたします。

2021-22シーズン昇格概要はこちら

B.LEAGUEリリースはこちら