株式会社長崎ヴェルカ(本社:⻑崎県長崎市/代表取締役社⻑:岩下英樹)は、2022-23シーズンにおいて伊藤拓摩氏がゼネラルマネージャーに専任することとなりましたので、お知らせいたします。

今後はゼネラルマネージャーと株式会社長崎ヴェルカ 取締役の兼任となります。

ゼネラルマネージャー 兼 取締役 伊藤拓摩(いとう・たくま)

生年月日:1982年6月30日

出身地:三重県鈴鹿市

出身校:バージニア・コモンウェルス大学

経歴:トヨタ自動車アルバルク(現:アルバルク東京) アシスタントコーチ(2009-15)

―トヨタ自動車アルバルク(現:アルバルク東京)  ヘッドコーチ(2015-16)

―アルバルク東京 ヘッドコーチ(2016-17)

―アルバルク東京 テクニカルアドバイザー(2017-20)

※2018年10月~2020年6月までテキサス・レジェンズ(Gリーグ)にてコーチ研修

―長崎ヴェルカ ゼネラルマネージャー兼ヘッドコーチ(2021-22)

―長崎ヴェルカ ゼネラルマネージャー(2022-)

 

【伊藤GMコメント】

「いつも長崎ヴェルカへの熱いご声援ありがとうございます。皆さんと一丸となって闘いB2昇格を達成できましたが、2022-23シーズンはさらにレベルが上がります。B2に所属しているクラブは歴史的にも長く活動しているクラブや、過去にB1に所属していたクラブも、来シーズンはさらにタフなシーズンになると思います。この中で勝ち続けるためにはレベルアップをしなければいけないと思い、ゼネラルマネージャーに専任することがチームにとってベストだと判断しました。この変化はチームにとってレベルアップです。専任することによりクラブをさらなる高みへもっていくことが目的です。特に選手やスタッフが成長できるシステム・環境つくりなどの「ディベロップメント」、タレントを発掘する「リクルーティング」に集中し、事業面でも貢献していきたいと思いますので、引き続き長崎ヴェルカへのご支援、ご声援のほどよろしくお願いいたします」