長崎ヴェルカは双方合意の上、NAMIディレクターの退任が決定いたしましたので、お知らせいたします。

長崎ヴェルカ チアディレクター NAMI

出身地: 京都府

出身大学:同志社大学
経歴:ニューヨーク・ジェッツ(NFL)ーゴールデンステート・ウォリアーズ(NBA)

※チアリーダー&ダンサー

―長崎ヴェルカ チアリーダー ディレクター(2021-22)

幼少期よりジャズダンスやヒップホップをはじめ、本場ニューヨークやサンフランシスコでプロのダンサーとして活動。NFLニューヨーク・ジェッツやNBAゴールデンステート・ウォリアーズで4シーズン、チアリーダー&ダンサーとして活動し、日本人で初めてデュアルキャリアを実現。プロチームの振り付けやアドバイザーとして多くのプロスポーツチームに携わる。全国でワークショップを開催し、プロチアリーダー・プロダンサーの指導・育成を行い、チアリーダー普及に努める。

【NAMIディレクター コメント】

「突然の発表に驚かれた方も多いかと思いますが、1年間大変お世話になりました。長崎ヴェルカでのチアチームの立ち上げという貴重な経験をさせていただき、心から感謝しております。試行錯誤しながらも、チームの立ち上げが実現できたのは、温かく応援して下さったファンの皆さま、パートナーの皆さま、関係者の皆さまのおかげです。いつもありがとうございます。

スタッフ、選手の皆さまに、チアを長崎ヴェルカの【ファミリー】の一員として迎え入れてくださったこと、常にチアリーダーにリスペクトを持って接してくださったこと、大変ありがたく思います。長崎ヴェルカのアグレッシブでスピーディーなプレースタイルがとても大好きでした。これからも応援していきます。

最後になりますが、私の思い描いていた世界観を体現してくれた12名のメンバーAi 、Tsuna、Akari、Kana、Saya、Miduki、Karen、Maria、Tomo、Sana、Aya、Yukari、私の右腕となっていろいろなことを一緒に実現してくれたSakuraには感謝の気持ちでいっぱいです。ここには書ききれないほど沢山の方にお世話になり、おそらく私の見えないところでも、チアのために沢山の方々が動いてくださったことと思います。全ての出会いに感謝いたします。本当にありがとうございました。またお会いする日まで。Nami」

【長崎ヴェルカ代表取締役社長 岩下英樹 コメント】

「長崎ヴェルカは全てが0の状態からスタートしました。NAMIさんには、何もない状態からチアチーム立ち上げという壮大なプロジェクトにご尽力いただきました。チーム結成から、ホーム開幕戦まで限られた時間の中、長崎ヴェルカを応援する皆様に最高のパフォーマンスを披露し、会場を盛り上げてくれました。それからは、シーズンを通してレベルの高いパフォーマンスを維持し、長崎ヴェルカを応援するファン・ブースターの皆様に活気と笑顔、そして感動を届けてくれました。それは、NAMIさんの指導そして、それを体現したチアメンバー全員の努力の賜物だと思います。長崎ヴェルカチアリーダーは、これからもNAMIさんが築き上げた「エンタテイメントを通して長崎、そして世界に“笑顔の輪”を広げる」という理念のもと活動を続けていきます。
最後になりますが、長崎ヴェルカに新たな歴史を築いてくれたNAMIさん、約1年半ありがとうございました。今後、益々のご活躍をお祈り申し上げます」