長崎ヴェルカは、以下3名のメンバーが2021-22シーズンをもちまして長崎ヴェルカ チアリーダーを卒業することが決定いたしましたのでお知らせいたします。

【長崎ヴェルカ チアリーダー 卒業メンバー】                    

■AI

【AIコメント】

「長崎ヴェルカの初代チアリーダーとして活動させていただき、素晴らしい経験をさせていただけたこと本当に感謝しております。
ブースターの皆さまと一緒に応援する時間が本当に幸せで、たくさんの元気をいただきました。長崎ヴェルカに携わることができ、素晴らしいチーム、ブースターの皆さまに出会えたことは一生の宝物です。本当にありがとうございました。
長崎ヴェルカでの経験を活かし、アメリカでも新たな挑戦をしていきたいと思っております。velca family 大好きです!ありがとうございました!Ai」

 

■AKARI

【AKARIコメント】

「長崎ヴェルカという素晴らしいチームに出会い、本当に多くの方々に支えられ、愛あるたくさんの応援のおかげで初代長崎ヴェルカチアリーダーとして1シーズン活動することができました!心より感謝申し上げます。
尊敬するディレクター陣や個性あふれる素敵な仲間と初代メンバーとして活動できたことは、私にとって本当に貴重な経験となりました。
長崎での経験を活かし、今後の新たなステージでさらに成長できるように精進してまいります。これからも長崎ヴェルカ、ヴェルチアへのご声援をどうぞよろしくお願いいたします!本当にありがとうございました!またお会いする日まで…」

■TOMO 

【TOMOコメント】

「この度、2021-22シーズンをもちまして卒業することを決断いたしました。
2021-22シーズン、沢山応援やサポートしてくださったブースターの皆さま、長崎ヴェルカ、ヴェルチアに関わる全ての皆さま、本当にありがとうございました!
チアの経験がなかった私を、皆さまがチアリーダーにしてくださりました。ヴェルチアで活躍した時間は本当に素晴らしく、かけがえのないものになりました。
これから更にダンサーとして、1人の人間として成長していけるよう精進して参ります。これからはいちブースターとして、心より応援しております。本当にありがとうございました!!」